■留学情報収集の手法は?

留学情報収集の手法はさまざまなものがありますが、どういった情報があるでしょうか。
大学生の場合、学校の情報もありますが、社会人でもいろいろな機関を利用することが出来ます。

<各国の留学情報の利用>
代表的な留学先の国々の大使館、領事館、文化センター等には、留学生相談窓口を設けている所が多くあります。「リンク集」に主なホームページアドレスを挙げておきましたので、それを参照して、必要な情報を入手してください。

<留学フェアの利用>
留学フェアとは、各国の文化センター等の留学支援機関や、海外大学の留学生担当者などがブースを設けて、留学を希望する学生の質問に答える催しです。このような会合では、様々な準備段階の人が使える情報が幅広く提供され、また、担当者と対面で相談できるので非常に便利です。また、京都大学でも、平成18年度より国際交流センター及び留学生課で、年間を通じて「留学のススメ」と題し、様々な留学説明会を開催しています。最新情報は以下のURLにて更新されるほか、各部局の掲示板で案内されますので、ぜひ参加してください。

<海外留学経験者から話を聞く>
すでに海外留学を経験し帰国した人から、話を聞くことも有効な方法です。身の回りにそのような先輩がいれば、是非聞いてみてください。また、「留学のススメ」でも、海外留学を終えた本学学生の方々にご出演いただき、その体験談を披露いただくことがあります。下記URLで最新情報をチェックして、ぜひ説明会に足を運んでください。

<派遣留学互助団体(ESSK)に相談する>
ESSK(Exchange Student Supporters in Kyoto university)は平成19年度の派遣留学経験者が中心となって立ち上げた、留学予定者、留学経験者の互助会です。

派遣(交換)留学に興味のある学生へは学生視点からのさまざまな情報を提供し、派遣留学予定者には先輩からのきめ細かいアドバイスで充実した留学生活が送れるようお手伝いし、派遣留学終了後の就職活動に関しても、情報交換を通じてより充実させることを目的としています。

<留学先の大学の情報を参照する>
近年では、世界の多くの大学が、詳細な情報をホームページに載せています。

留学先の大学が提供している情報ですから、情報源として一番確実です。通常、表記は現地語なので、そのような情報を丁寧に読むのは大変なことも多いでしょう。
量も多いので、取捨選択をしていき、最適な情報を自分の中に蓄積していきましょう。

このように、留学時には自分に適した、情報源から情報を収集する必要があります。
自分自身にあった情報収集を行うようにしましょう。

<留学サービスを提供している会社を見る>
ラストリゾートを初め、各種留学エージェントのサイトにもたくさんの情報が掲載されています。
これらのサイトは、体験談や予算など、比較的簡単に調べることも可能です。

留学ならラストリゾート
https://www.lastresort.co.jp/